イマドコgpsロゴ"

GPSをレンタルして自分で浮気調査|使用方法

gpsレンタル"

使用方法

GPSの機能は、現在ではさまざまな物に使われております。車のカーナビゲーション、高速道路のインター出入口をスムーズに走行できるETC。車両の位置はひと昔前だと、100mも誤差が生じることもありました。しかし、GPSが開発され車両の位置は正確性を増し、誤差はほとんどなくなりました。

高齢化が進む現代では、認知症患者さんがご自宅や介護施設を飛び出してしまい徘徊してしいることがあります。そのとき、ご家族やヘルパーさんが徘徊している方を探すのはとても時間と手間がかかるものです。徘徊することがわかっている場合は、事前にGPSを備えている介護施設が増えております。徘徊する方がいつも持ち歩くバック、いつも履いていく靴などの所持している物にGPSを備えておくことで、徘徊者を探すことに役立っています。

携帯電話にもGPS機能が備われている機種が多数販売されております。これはカーナビゲーションと同様で、どこかのお店などに行きたいときに地図アプリでお店の住所とご自身がいる場所を特定しお店にたどり着ける機能もGPSが一役かっています。お子さんの帰りがいつもより遅い、とても心配ですよね。そんなとき、携帯電話を使用しお子さんの居場所を特定することができることで有名なのがキッズ携帯です。携帯電話をどこかに紛失してしまった場合にもGPS機能付き携帯電話であれば、探し出すことが可能となります。通信会社では、オプションとして紛失時の携帯電話位置をお客様にお伝えすることも行っております。

盗難防止セキュリティーとしてご使用されている方も多数いらっしゃいます。ご自身が大切にしている物は高価な物である可能性が高いため、盗難にあう恐れがあります。盗難にあってからでは取り戻すことは難しいでしょう。バイクや自動車の盗難を防ぐために、バイクにGPSを備えておいたことにより、バイクを取り戻すことができたとニュースで報道されたこともあります。

古紙を売ることでお金に換えることができます。古紙を違法にゴミ捨て場から回収し、古紙買い取り業者に売る違法行為を行っている方が増えているため、役所の職員を悩ませています。本来、古紙は国の財源になるため国から定められた業者以外はゴミ捨て場から持ち出すことはできません。そこで、役所の職員は古紙の間にGPSを入れ、どの古紙買い取り業者に持ち込んでいるのかを特定し、違法な古紙を買い取らないように指導しております。勿論、古紙を違法に回収した方を特定し、罰することも行っております。

大きくなったお子さんが夜帰ってこない、数日帰ってこないことが続くことで親としては心配になるのは当然のことかと思います。なにかの事故に巻き込まれる前に居場所を特定することで心配が1つ減ることになるためGPSのレンタルをされる方が多数いらっしゃいます。

このようにさまざまな場所で活用されているGPS機能を使用し、今お持ちの悩みごとにお役に立てていただきたいと思います。


GPSの使用方法

お申し込みはこちら


申し込みフォーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ